仏教の基礎 仏教の創始者ゴータマ?シッダールタの部族名の

仏教の基礎 仏教の創始者ゴータマ?シッダールタの部族名の。仏教の聖典であるパーリ仏典では、かならずしも部族名や尊称で呼ばれているわけではありません。仏教の創始者ゴータマ?シッダールタ、、の部族名の釈迦や『目覚めたの』意味する仏陀で呼ばれるこある なぜ本名で呼ばれず、部族名や称号で呼ばれるこ多いのか ゴータマ?シッダールタにまつわる7つの逸話。ホンシェルジュ 仏教は紀元前年ごろのインドで起こり。開祖は仏陀と
呼ばれています。サンスクリットで「真理に目覚めた人」「悟った者」などの
意味で。その人物はゴータマ?シッダールタという名がありました。ゴータマ
?シッダールタは。古代インドの一部族であったシャーキャ族の王子として
生まれました。歳になったころ。ブッダガヤと呼ばれる土地で。菩提樹の下に
座して瞑想をはじめた彼は真理を悟り。仏陀となったと言われています。

ガウタマ?シッダールタ。ガウタマ?シッダールタ 釈迦 紀元前年 – 紀元前年諸説あり 仏教
の開祖。歳で出家し。年間苦行を積み。ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを
開いた者を「仏陀」という。悟りを得たものを「覚者かくしゃ」の意味で「
仏陀 ブッダ 」という。解脱するには。まず世の「 無情 むじょう 」を自覚し。
そして苦の原因となるつの真理 四諦 したい を明らかにする。経典
きょうてん 」は仏陀の説法を弟子たちが 編纂 へんさん したものである。お釈迦様の本名と深遠な生涯。悟りを開いたことで有名なお釈迦様は。日本人になじみの深い仏教の開祖です。
そんなゴータマ?シッダールタという名がありながら。「お釈迦様」と
呼ばれるようになったのは。釈迦族の王子だからという説が有力です。

お釈迦様のご生涯。お釈迦さまがお生まれになった頃のインドは。まだ全土を統一する王朝は成立し
ていなく。シュラーヴァスティ舎衛この二つの強国にはさまれたヒマラヤ
山脈の麓に。カピラヴァストゥを都としていたシャーキャ族釈迦族と
呼ばれる小さな部族がありました。姓をゴータマということから。お釈迦さま
の歴史上の名前はゴータマ?シッダールタといいます。お釈迦さまをシャーキャ
?ムニ釈迦牟尼世尊と呼んでいますが。“釈迦族出身の尊者”という意味で。
釈尊しゃく仏教の開祖?お釈迦様の生涯と悟り。余命宣告」の正しい意味や。家族が余命宣告されたときの心構え。するべき準備
のことについてわかりやすくご紹介します。お釈迦様が生涯で悟った真理が
どのようなものであったのか。仏教の基本的な知識について改めて確認してみま
しょう実は。これらは呼び方が違うだけで。いずれも仏教の開祖である「
ガウタマ?シッダールタ」という同じ人物仏陀ブッダ」とは。
サンスクリット語の「ブドゥ」という言葉が語源となってあり。“目覚めた人”
という

ゴータマ?シッダールタお釈迦様。ちなみにお釈迦さまという呼び名は。釈迦族という部族名に由来します。
およそ人間であれば誰もが持つ苦悩を発端とし。それを乗り越える道を説くもの
であるからこそ。仏教は時代や民族?社会を超えた普遍性を持っているといえ
ます。仏教の基礎。仏仏陀。ブッダ。とは「目覚めた人」という意味です。この称号は。
仏教の開祖?釈尊は。本名をゴータマ?シッダッタまたはガウタマ?
シッダールタといいます。前者はパーリ釈尊というのは。釈迦牟尼世尊を略
した言い方で。釈迦シャーキャは出身部族の名。牟尼ムニは聖者の意味
。世尊は敬称です。したがって。当時のインドの正統的?支配的宗教が
バラモン教であったのに対して。仏教やジャイナ教などは非正統の新興宗教だっ
たのです。 これらの

お釈迦様とその時代。シャーキャ族は当時。インドとネパールの国境付近に住み。生活を営んでいた
部族で。約五百の家系があったと伝えられその中でもお釈迦さまの家系は。姓
を「ゴータマ-」といい。シャーキャ族の中で伝統ある家系であり。
の古典言語であるサンスクリット語でシャーキャ族のことを指し。「ムニ」と
は。「聖者?尊者」を意味する言葉です。インドでは。仏教以外の聖者にも「
目覚めた人」として「ブッダ」の尊称を使いますので。お釈迦さまに対して。
その姓でガウタマ=シッダールタ/ブッダ/釈迦。一般には釈迦と言われる。ブッダは「悟りをひらいた人」を意味する尊称。 仏教
の始祖であるガウタマ=シッダールタまたはゴータマ=シッダッタは ブッダ
の本名。一般に。釈迦シャカまたは釈迦牟尼シャカ族の聖者の意味。略し

仏教の聖典であるパーリ仏典では、かならずしも部族名や尊称で呼ばれているわけではありません。ブッダの弟子たちは、10種類ある尊称のひとつである「世尊」bhagavātと呼ぶのが普通ですが、弟子ではない一般人や異教徒は姓の「ゴータマ」に、宗教家一般の尊称である「尊者」bhoをつけて「尊者ゴータマ」と呼ぶのが普通です。「シャカsakya族出身の聖者」を意味する「釈迦牟尼」sakyamuniという尊称もパーリ仏典の時代からありますが、これが短縮されて部族名そのものである「釈迦」でブッダを呼ぶようになったのは後代の慣習です。地位のある人物、偉大な業績のある人物を名前では呼ばず、称号で呼ぶのは世界中で一般的に見られる慣習ではないでしょうか。たとえば、世界中どこでも君主には君主号と呼ばれるものがあり、本名よりこちらで呼称されるほうが普通です。名前を呼ぶという行為には、どこか親しげというか、相手を対等に見ているというニュアンスがあり、目上の人物に対して礼を失する行為とされるのは仏教に限った話ではないように感じます。現代日本の企業でさえ、社長は「社長」と呼んで、○○さん、とは呼ばないのではないでしょうか。インドの習わしがあるみたいですよ。?同じ時代、ジャイナ教にマハーヴィーラ偉大な勇者がいます。以前の名前ヴァルダマーナ栄える者は使われません。マハーヴィーラは、尊敬を込めた呼び方です。他宗教の人からは、ニガンタ?ナータプッタニガンタ派?ナータ族の子と呼ばれました。?仏教の開祖は、ご本人が覚ったあとに、ゴータマ?ブッダを名乗られました。尊称では、シャカムニ釈迦牟尼:釈迦族出身の聖者です。厳密には仏教徒からは、釈迦牟尼仏、釈迦牟尼世尊釈尊が正しいとされています。仏典を見ますと、ブッダと呼ばれたり、とくに「ゴータマ」の姓で呼ばれることが多く見受けられます。本名が使われなくなるのはインドの慣習みたいですね。本名は人間の時の呼び名ですから、悟りを得て『目覚めたもの』に成った後も同じ呼ばれ方では不都合でしょう。阿弥陀如来も成仏する前の修業時代は宝蔵菩薩と呼ばれてました。釈尊の弟子であり従兄弟でもあるアーナンダという人がいますが、この人の別名はゴータマです。さらに、釈尊の養母であるマハー?プラジャーパティーという人も、別名をゴータミーというゴータマの女性形の名前であったため、ゴータマというのはありふれた名前すぎて、あまり尊者の名称としてふさわしくなかったのかもしれません。ブッダがブッダになって間もない頃「あなたは神ですか、梵天ですか、悪魔ですか、人間ですか、云々」と質問した人があった時、すべてを否定され、「私はブッダです。私をブッダと憶えておきなさい」と言われているからではないでしょうか。あるいは大悟した時のことを話しているいろんな機会に「その時私は阿羅漢サンマーサンブッダになりました」と言われているので、ブッダは略称で、正式には「阿羅漢サンマーサンブッダ」と呼びます。当時の社会では称号で呼ぶのが普通で、名前はあまり重要でなく、身分の高い人は「何々家の息子、娘」と呼び、妻が何人もいれば、妻の名で「何女の、息子、娘」と呼び、身分の低い人は、仲間内で呼び合う愛称程度で、まともな名前もなかったのではないでしょうか。一方ゴータマブッダを釈迦と呼ぶのは、日本だけではないかと思います。台湾人、韓国人、中国人に聞いてみたことがありますが、「仏教の教祖は」「と質問すると、誰もが「仏陀」と答え、「釈迦という名を知っていますか」と聞くと、誰も聞いたことがないと答えました。これはもっと広く検証する機会が欲しい問題です。日本で最初に「釈尊」という言葉が現れたのは空海で、「三教指帰」の中で「我が師釈尊」と使われているそうです。空海が求めたものはブッダの仏教ではなかったので、自分の宗教の教祖を「仏陀」と呼びたくなかったので、「釈尊」という名を考えたのではないかと推測します。部族名や称号で呼ばれることが多いのですか?簡単に略しているのでしょう シャキ族又はシャカ族の族を取って、シャキ又シャカと言うのでしょう我々が生きているこの世界には、我々が通常知ることのない事実が存在しており、目覚めた人がその事実を知り、他の人々の目を開けさせて、人々にその真実を知らしめる。ある人が生まれて、その人がシッダールタのおうちでゴータマさんと名付けられたということに、彼の存在意義があるわけではない。彼は、もともと存在していた真理を知り、目を覚まし、人々にそれを伝えた、目覚めた人、仏陀であることに彼の存在意義がある。彼がこの世にいなくなって後、何年も何年も人々が彼のことを語り伝えるのは、どこそこの村にその個人がいたということを言うためではない。その真実が存在し、我々も目を開いてその真実を見て、確かにその真実があると分かることが大事なのだ。そして、そのために彼に与えられた称号が仏陀なのです。あなたが仏に会うのはネパールに行って骨を掘っているときではない。あなたがそれを見た時に、あなたは仏陀の何たるかに出会う。中国で漢訳された仏典、教典が原点で、現代でも使われています。梵語「サンスリット」など使われて居りません。一般的に「釈尊」を使います。誰人にも解るし通用するのです。呼び名、呼称なら、無数に有ります。釈迦?仏陀?如来?牟尼世尊釈迦仏?久遠実成の仏???いろんな人種がその土地を奪い奪われ、何度も何度も侵略されては平定し弱くなっては侵略される繰り返し。民族的な名前より称号の方が文化圏に馴染んだのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です