原因解明されたものもある 確か本来大大きいであり大地震だ

原因解明されたものもある 確か本来大大きいであり大地震だ。接頭語「大」の付く熟語の読みを「ダイ~」とするか「オオ~」とするかについて、明確な規範はありません。ニュースキャスター、大横綱「おおよこづな」読み 確か本来、大大きいであり大地震「だいじん」でなく「おおじん」だ思、「おおよこづな」おかいでょ おっきなよこづなじゃ ないんだ 大横綱の大偉大の大だ思うの 「いおお」読みません 大地震が発生したときに運転者がとるべき措置。○ 車を置いて避難するときは。できるだけ道路外の場所に移動しておくこと。
やむを得 ず道路上に置いて避難するときは。道路の左側に寄せて駐車し。
エンジンを止め。エン ジンキーは付けた原因解明されたものもある。とはいえ。いずれ発生すると言われている「南海トラフ地震」「首都直下地震」
など。大地震の発生を事前に知ることができれば。的確な備えをすることが可能
になりますが。地震の予知や前兆について。巷で言われる様々なものを具体的に

接頭語「大」の付く熟語の読みを「ダイ~」とするか「オオ~」とするかについて、明確な規範はありません。敢えて言えば、他の接頭語と共通の、後ろに音読みの語漢語が来るなら音読みで「ダイ~」、訓読みの語和語が来るなら訓読みで「オオ~」と読む……というやつでしょう。NHKをはじめとする電波メディアは、このルールを基本的に順守しています。大草原、大打撃、大洪水などは「ダイ」、大金持ち、大酒飲み、大入袋などは「オオ」と読んでいるわけです。この規範の例外は、ほとんどが「うしろに漢語が来るけどオオと読む」パターンです。大火事、大道具、大所帯、大騒動などがそれに当たります。「大地震」はよく採り上げられる読みの揺れがある語で、規範に従うならば「ダイジシン」ですが、NHKは大騒動の仲間に入れて「オオジシン」と読んでいます。根拠としては昔からの慣用読みが「オオジシン」だから、ということになってます。これはまあ、どちらかが正しいという類のものではなく、双方が許容されている例でしょう。では「横綱」は?といいますと、これは訓読みをする語ですから、前に付く「大」は「オオ」と読んで「オオヨコヅナ」になるのがリクツです。実際、戦前までは「オオヨコヅナ」でほぼ統一されていたようです。しかしこれは、「大横綱」という言葉自体が新しいものであったためにルールがそのまま適用されたという側面があり、双葉山は今でこそ「昭和の大横綱」筆頭に挙げられますが、当時は「巨豪」「常勝の巨人」などと書かれていました。まだそれほど一般的な語ではなかったのですね。ですから現役時代に「大横綱」と呼ばれたのは、大鵬が初めてでしょう。当時「大横綱」をどう読んでいたかは記録が少ないのですが、現役の終わり頃70年前後には、NHKでは「ダイヨコヅナ」読みになっていたことが分かっています。以降、NHKは一貫して現在まで「ダイ」読みですし「NHKことばのハンドブック」にも明記されています、他のメディアもそれに倣ってきたと言っていいでしょう。というわけで、「大横綱」は、リクツでは「オオヨコヅナ」だが、さほど長くはないその語の歴史における慣用としては「ダイヨコヅナ」だ、ということになるでしょう。最初に書いた通り、正誤を明確にする規範はないので、「オオヨコヅナ」でも間違いとは言い切れないと思いますが、そう読めば違和感を持つ人が多いことも確かだと思います。「大御所」「大江戸」など、「大おお」は、尊敬?賛美の意を表す接頭語の意味もありますから、「大横綱おおよこづな」でも問題ないと思いますがね.相撲に興味がないキャスターさん???と思ってしまいます。…ごめん、俺、「中山大障害」を「なかやまおおしょうがい」って読む。昔はそう読んでたんだよー…一般的に、和語につく「大」は「おお」、漢語につく「大」は「ダイ」と読みます。「横綱」は和語ですから、「大横綱」は「おおよこづな」です。「大地震」「大舞台」などは例外です。単に聞き慣れないから違和感があるだけでしょう。大看板おおかんばんの「大」かもしれませんよ。文言より意味が相手に伝われば良いのではありませんか?

  • 青い珊瑚礁 私は青い珊瑚礁の頃の松田聖子さんみたいな顔に
  • ホテルディナー カジュアルエレガンスという服装を指定され
  • 青銅聖闘士一覧 青銅聖闘士の中で1番弱いのはベアー檄です
  • 親なんか死ね なんで親ってあんなうるせーんだろう実家に居
  • キー調と音階について マイナーキーとメジャーキーはどうや
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です