大雨?台風では 10日間一回だけ集中豪雨発生ある建物停電

大雨?台風では 10日間一回だけ集中豪雨発生ある建物停電。竜巻ではなく、落雷ではないでしょうか。コイン500枚差上げます 確率?統計の問題 よろくお願います ある都市で、積乱雲よる集中豪雨平均て100日2回発生ている 集中豪雨の発生時間的ポアソン過程従うのする 集中豪雨の発生後、竜巻の発生する確率0 1する 竜巻発生ない時、ある建物停電する確率0 05する 以下の問い答えよ 尚、確率の値小数点以下第4桁答えよ 1 30日間一回だけ集中豪雨発生する確率答えよ 2 30日間一回以上、集中豪雨発生する確率答えよ 3 10日間の集中豪雨一回以内である確率求めよ 4 10日間一回だけ集中豪雨発生、ある建物停電する確率求めよ 5 10日間集中豪雨発生、ある建物停電する確率求めよ 大雨?台風では。また。月から月にかけては日本に接近?上陸する台風が多くなり。大雨。
洪水。暴風。高波。高潮などをもたらします。多くの地点で観測史上1位の
最大風速や最大瞬間風速を観測する記録的な暴風となった。千葉県を中心に死者
や重傷者等の人的被害や鉄道の運休等の交通障害が発生したほか。停電や断水が
相次ぎ。電力に関しては。倒木の6月28日から7月8日までの総降水量が
四国地方で1800ミリ。東海地方で1200ミリを超えるところがあるなど。
7月の月

被害。竜巻による被害の特徴は。短時間で帯状の範囲に大きな被害をもたらし。建物が
倒壊したり車がひっくり返るほどの威力を持っている点ですさらに。自動車や
列車などを横転させるほどの威力を持つ場合もあるので注意が必要です。 交通
障害 また。送電線が切断されたり。信号機が破壊されたりすることで。長時間の
停電や交通障害が発生することもあります年月日未明。対馬沖にて
漁船隻の転覆事故が発生し。乗組員の方が海に投げ出されるなどの被害が発生
しました災害をもたらした気象事例平成元年~本年。気象庁が提供するページです発達した低気圧及び強い冬型の気圧配置に伴う
大雪?暴風速報, 月日~月日, 北日本から西日本の日本海側を中心に
広い範囲で大雪?暴風。北陸地方の令和元年房総半島台風台風第号
による大雨。暴風等災害時気象報告 ※, 月日~月日, 千葉
県を中心に記録的な暴風。大雨。広範囲で大規模な停電が発生した。平成年
月九州北部豪雨月日~月日, 月日~月日, 西日本から東日本を
中心に大雨。

竜巻ではなく、落雷ではないでしょうか。また、常用対数に直すのはご自身でやって頂きたいです。常用対数表の使い方はこちらを参考にしてください。ある一日に集中豪雨が降る確率は、2/100=0.02ある一日に集中豪雨が降らない確率は、1-0.02=0.98①29日間集中豪雨が降らず、ある一日だけ集中豪雨が降る確率は、0.98^29*0.02さらに、集中豪雨が降る日の選び方は30通りなので、0.98^29*0.02*30②30日間集中豪雨が全く降らない確率は、0.98^30これを全体から引けば、一回以上集中豪雨が降る確率になるので、1-0.98^30③上と同様に、集中豪雨が0回の確率と1回の確率を計算し、足す。0.98^10+0.98^9*0.02*10集中豪雨が降った時、竜巻が起きて停電する確率は、0.1*0.5=0.05集中豪雨が降った時、竜巻が起こらずに停電が起こる確率は、0.9*0.05よって、集中豪雨が降った時、停電する確率は、0.05+0.9*0.05=0.05④③より、集中豪雨が一度降る確率は、0.98^9*0.02*10*であるため、集中豪雨が一度降り、停電が起きる確率は、0.98^9*0.02*10*0.05⑤②と同様の考え方をする。ある一日に、集中豪雨が降らないか、降っても停電が起きない確率は、0.98+0.02*0.95なので、10日間一度も停電が起きない確率は0.98+0.02*0.95^10よって、一回以上停電が起きる確率は、1-0.98+0.02*0.95^10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です