株式?配当?利子と税 公社債の譲渡よる所得原則て所得税課

株式?配当?利子と税 公社債の譲渡よる所得原則て所得税課。現在は申告分離課税ですね。公社債の譲渡よる所得、原則て所得税課されないいう問題の答え今現在でょうか 株式?配当?利子と税。株式等の譲渡益は。原則として確定申告が必要となりますが。金融商品取引業者
等のどのような口座で取引したか地方債。公募公社債などの譲渡益と一般
株式等上場株式等以外の株式等の譲渡益をそれぞれ他の所得と区分して税額
を計算します。注。「源泉徴収口座」における上場株式等の譲渡所得等
については。住民税において所得税とは異なる課税方式を選択注2。国外で
支払われる預金等の利子など。国内で源泉徴収されないものなどは申告が必要
となります。都民税配当割?都民税株式等譲渡所得割。上場株式等の配当等については。支払の際に所得税?復興特別所得税%
及び配当割%が徴収されますので。原則として申告は不要ですが。総合課税と
分離課税のいずれかを選択して申告することもできます。特定公社債の利子
などは

現在は申告分離課税ですね。特定口座なら、口座内で通算されます。原則として所得税が課せられる。ただし、障害者等で、特別マル優の制度を利用した場合、非課税となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です