貿易管理制度 諸外国軍で運用されている兵器?機械で日本導

貿易管理制度 諸外国軍で運用されている兵器?機械で日本導。日本のように道も土地も狭い国では、小回りが利き、速度も出て、事態によって武器の換装も多く簡便で、悪路を踏破でき、そこそこ装甲もあり、空輸も可能なドイツのヴィーゼルのような、装軌式の小型戦闘車が必要ではないでしょうか。諸外国軍で運用されている兵器?機械で日本導入すべきのか
1)“同じコンセプトの車両”で可
2)核兵器および原子力動力する船舶不可
3)東側兵器不可 貿易管理制度。税関国境保護局は。他の政府機関からの委託を受け。輸入禁止。制限の
管理を行っている。のうち。特に注意すべき品目は次のとおり。外国資産
管理規制。キューバ資産管理規則等により全面的。部分的に輸出入禁止措置が取
られている国。日本機械輸出組合。サプライチェーン?セキュリティ情報 外部
サイトへ。新しいウィンドウで開きますのアメリカ同時多発テロ事件を受け。
米国に入港するコンテナおよびコンテナ船の安全保障を向上する目的で導入され
た。

日本のように道も土地も狭い国では、小回りが利き、速度も出て、事態によって武器の換装も多く簡便で、悪路を踏破でき、そこそこ装甲もあり、空輸も可能なドイツのヴィーゼルのような、装軌式の小型戦闘車が必要ではないでしょうか。しかしドイツ製のヴィーゼルをまさか輸入はできないでしょうし、アメリカに同様の兵器はないし、自衛隊の装輪式車輌ではどうも…。日本で一から開発するはめになるでしょうが………まあ夢物語です。車も飛行機も船も種類に関しては事足りてるから、新機軸でなんかでかいのを入れる必要はない近接航空支援が本業であるF-35を導入する上、F-2も対地支援能力を強化する方向で改修が進んでるのだから、これ以上飛行機を買う意味はない空母だとか欲しがる奴は「かっこいいもの」が無条件に「必要なもの」に見えるロマンチスト自衛隊の中にもそういう連中がウヨウヨしてるってのがいかんね、まぁどこの国も似たようなもんだがってわけで細々した話をばFN SCAR次期小銃の形まんまこれだし、じゃあSCAR入れとけって話多分国産より安く済むしマークスマンライフルもこれで賄えるMINIMI 7.62驚くべきことに陸自普通科には7.62mmの機関銃がない…各国陸軍が大口径機関銃の価値を見直してる中で、専ら防衛戦を想定している陸自がGPMGを持ってないとか、大工が金槌を忘れてるぐらいおかしなことM240もAAVのついでに買うことになったが、どうせなら真新しくて軽いのを揃えようM2、MINIMI、M240住友が試験データを改ざんしたガラクタを納入していたことが発覚したので重機、軽機、車載機関銃を早急に揃えなければやばいMk19国産の96式自動てき弾銃は弾薬が独自規格でMk19と互換性がない弾が不足しても米軍の兵站を頼れないというアホなのかAAVと一緒に少数買うことになったし、この際全部入れ替えろ無人攻撃機、ガンシップ等の近接航空支援機いくら水機団を編制しても上陸部隊の装備だけでは制圧は無理イギリスの軍事企業では耐熱処理されていない強襲揚陸艦や大型コンテナ船を短期間で垂直離着陸機を運用出来る改造キットがあるそうです。フォークランド紛争では撃沈された大型コンテナ船のアトランチック?コンベイヤー号を仮設空母にしています。通常動力型航空母艦の保有です。現在、海上自衛隊のいずも型護衛艦を航空機搭載型護衛艦に改修する事が決まっています。改修後はF35Bを約12機程度搭載して運用する予定です。事実上の航空母艦である航空機搭載型護衛艦は戦略上重要な存在になります。空母は海上の移動式飛行場です。仮に中国軍が日本本土をミサイルで攻撃した場合に日本本土にある航空自衛隊の飛行場はことごとく破壊、使用出来なくなります。その為、海上で敵から発見されにくい空母の存在は敵国にとって脅威になります。日本本土の飛行場を破壊したとしても空母から発艦した航空機によって本国が爆撃される可能性があるからです。THAAD終末高高度防衛ミサイルです。THAADは弾道ミサイル迎撃を主目的とした迎撃ミサイルです。日本には現在BMDシステムと言うのがあります。これは、ミサイル防衛システムで敵国が弾道ミサイル及び中距離ミサイル等を発射した場合にイージス艦による迎撃を行います。ほとんどはイージス艦による迎撃で撃墜するのですが、それを抜けてきたミサイルに対処する最後の砦はペトリオットミサイルPAC3です。ですが、PAC3は部分的防衛ミサイルな為広範囲に及ぶ防衛は行えません。なので、そこを補完する為にTHAADを配備します。これは、広範囲を防衛出来て迎撃率も9割台とかなりの高確率での迎撃が可能です。最後に通常動力型潜水艦の追加です。日本の海は排他的経済水域も含めれば世界で第6位の面積です。これを防衛する潜水艦の数は22隻とどう考えても足りません。一方、中国海軍の潜水艦の数は原子力潜水艦も含めて約80隻と圧倒的に数が足りません。なので、潜水艦の数を増量して約40隻程度の潜水艦を就航させることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です